東海大学
理学部化学科
教授  関根 嘉香
アカデミック フォーラム
ポスター展示ブース:  A-12
ポスター展示日時:  1月24日(火) 10:00 ~ 18:00
発表タイトル: いつでもどこでも体のにおいで健康診断
 
発表内容: ヒト皮膚から放散する生体ガス(皮膚ガス)を簡便・高感度に測定するパッシブ・フラックス・サンプラー法を開発した。皮膚ガスと健康状態の関係について研究例を紹介する。
 
口頭発表日時: 1月24日 (火)  11:30 ~ 12:00        口頭発表会場: AC-1
研究内容の概要/特長
ヒト皮膚から放散するガス(皮膚ガス)の存在が明らかになり、皮膚ガスを非侵襲・非観血的に測定することにより、ヒトの生理的・身体的状態を診断できる可能性が広がってきた。皮膚ガスは微量であるため採取・分析が困難であったが、出展研究者らは、皮膚の表面に設置するだけで微量な皮膚ガスを簡便かつ定量的に捕集するパッシブ・フラックス・サンプラー(PFS)を開発した。
想定される応用分野
・医療用途
疾病の早期発見、予防、治癒の経過観察など
・健康診断
飲酒検査、疲労度検査、過剰ダイエットのチェック
・個人認証
皮膚ガス成分パターン認識による個人の特定
連絡先 ※下記情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載する事を固く禁じます。
Tel: 0463-58-1211 (3761)
発表者プロフィール
1989年 慶應義塾大学理工学部応用化学科卒業 
1991年 慶應義塾大学大学院理工学研究科応用化学専攻修了
1991年 日立化成工業株式会社入社 筑波開発研究所勤務
1993年 東海大学大学院理学研究科 博士(理学)取得
2000年 東海大学理学部化学科 専任講師
2004年 東海大学理学部化学科 助教授(准教授)
2004年 英国Oxford Brookes University訪問研究員
2008年 慶應義塾大学産業研究所 招請研究員
2011年 東海大学理学部化学科 教授(現職)
2011年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 非常勤講師 兼務
2015年 神奈川県立保健福祉大学 非常勤講師 兼務    
(敬称略) ※都合により発表者、プログラムの内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
                  セッションの録音、写真・ビデオ撮影などは一切禁止させていただきます。
Copyright © by Reed Exhibitions Japan Ltd. All rights reserved.